旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


那須の飯田牧場
e0101828_211111.jpg

                 移植がされて咲いたお花畑

仙台市青葉区の奥地にあった飯田牧場が那須に移転されて一年半になりました。
牧場の石窯でよくパンを焼いていたお仲間と久しぶりに那須で集まりました。
放置状態だった牧草地を耕し、お花畑や麦畑が出来ていました。
牛舎には子牛も生まれて40頭になっていました。
昔、那須のその辺りでラベンダーが育たずに全滅したことがあったそうで
仙台から移植されたラベンダーが今年はお花が咲くかどうか?
今後の観察が必要とのことでした。
那須で初めて収穫された小麦粉をお土産にいただきました。

e0101828_2113972.jpg


この小麦粉で宮城の郷土料理「はっと」を早速作ってみました。
練って平たくして茹でた「はっと」はいつものとは違っていました。
今までは日清製粉の粉で作っていましたが 生地の色が茹で上がっても白く
食感もツルンペロンとしていたのです。 
頂いてきた「ゆきちから」で作ったのは茹で上がっても白ではなく薄いベージュ色で
コシが強くシコシコしているのです。
本当の日本の小麦粉って これが本モノと初めてわかりました。

私達はいつのまにか工場で大量に生産される食品の味に慣らされて
自然のホンモノの味を忘れてしまっているのかもしれません。
昔に比べて自宅で料理することが次第に少なくなり、若い世代は
出来上がった食品を買ってきて食卓に並べるだけの食事習慣が
ますます多くなっていくようです。
おふくろの味というのもスーパーで小さなパックに詰めて売られていて
便利ですが、これから育つ子供達の食生活に、これでいいのかしら・・・・?
と危惧を感じています。 私は古いのでしょうか・・・・?
[PR]
by michikobaya | 2009-06-11 21:49 |
<< 梅の季節 散歩で出会う 雉 >>