旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古屋敷村
e0101828_14422960.jpg

          傷みが進んでいる 茅葺民家

山形県上山市の中心部から旧東街道を東南へ12kmほど進むと点在する
茅葺屋根が見えてきます。深い大自然の森林に囲まれた標高550mの山腹に
寄り添うように 今は傷みが激しい茅葺民家が17棟あります。
かっては、マタギや養蚕業、製炭業で暮らしをたてていたようです。

昭和59年にこの古屋敷村を舞台にした長編ドキュメンタリー映画小川伸介監督の
「ニッポン国古家式村」がベルリン国際映画コンクールで批評家賞を受賞していました。

この茅葺民家を保存しようと市民団体「古屋敷村の保存を考える会」が映画祭で
「ニッポン国」の上映や集落の現状を見るツアーを企画されましたので参加しました。

今は住む人も絶えた民家は崩れそうになってブルーーシートも破れて風になびいていました。
傍に流れる小川の緑色の水草がゆらゆら揺らめいて飲めそうな綺麗な水でした。
きっと小川の流れは、この地で鉱山が発見された寛永年間から現在も変わらず同じ流れなのです。

生活様式の変化や過疎化で現在はこの集落に住んで居られるのは2人だけで
尺八のお師匠さんとお弟子さんだけとか・・・・。

昔ドキュメンタリー映画に出演されていた木村廸夫さん、花屋紀子さん
(お二人とも70代後半)が今は上山市内にすんでおられて 
この日は駆けつけられて映画撮影された当時の村人の様子や撮影秘話のお話を聴きました。

茅葺の古い民家は我々が住んだ経験がなくても
心の故郷には里山に囲まれた美しい森や小川、そこでの暮しは
日本人なら誰もが愛惜を感じずにはいられません。
生活様式の変化や過疎化で日本の古い建物が維持されず朽ちてゆくのは
大変残念な思いです。 

e0101828_1533276.jpg


e0101828_15341013.jpg

[PR]
by michikobaya | 2009-10-14 15:42 |
<< 手作りハーブ石けん 美しい蝶 >>