旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


倉敷を訪ねて
e0101828_547159.jpg


e0101828_5483060.jpg

         倉敷川の両側に並ぶ江戸情緒の町並み

冬の旅として少しは暖かい山陽地方を旅することになりました。
その2日目は倉敷市を尋ねたのです。

倉敷美観地区と呼ばれる倉敷川畔の両側は江戸時代からの豪商の館や白壁の蔵
などが国の伝統的建造物保存地区に選定されています。
江戸時代、綿の商都として栄えた倉敷は明治にはそれを加工する工業の町へと前進し
街の豪商大原家が創業した倉敷紡績の発祥の地で旧大原家住宅はこの美観地区の
入り口近くにあり、日本で初の私立西洋美術館で有名な大原美術館もこの川岸の
美観地区にあります。
倉敷紡績の工場跡地は今は「倉敷アイビースクエア」と呼ばれて赤レンガの建物は
蔦の絡まるウエディング館にもなっていました。
工場跡地と現在の道路の境界の煉瓦の塀は頑丈で4m位の異様な高さでフト
女工哀史のことが脳裏をかすめましたが今はそれを語る人も居ないことでしょう。



この倉敷に住む同窓の友人に何十年ぶりで再会し、この街を案内していただきました。

e0101828_644203.jpg

         大原美術館の倉敷川畔からの正面入り口
[PR]
by michikobaya | 2010-02-04 06:55 |
<< 寺岡の 「ふれあいサロン」 奥会津昭和村スケッチ展 >>