旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


句集「ポピーぽんと咲き」
e0101828_16534781.jpg

             友人の句集「ポピーぽんと咲き」

若い頃からの長~いおつきあいの親友が句集をつくり、送られてきました。
彼女とは社宅で生活していた頃に知り合い、子供連れで遊び、
手のかかる幼児期の悩み事を相談したり同じ趣味の習い事をしたりしました。
夫の転勤などでお互いが遠くに離れましたが時々は会って近況を話し合いました。
10年位前に椎間板ヘルニアの手術の後遺症で歩行が困難な時期もありましたが
リハビリで回復し、熟年になったからから俳句を習い始めました。
師匠さんの急逝で他の句会に入るなどその時々の変遷はありましたが、
現在は現代俳句協会会員です。

5~6年前だったでしょうか? 
ある日、宅急便配達を装った居直り強盗という大きな事件に遭遇し、
命の危機に気丈に立ち向かいました。
精神的な後遺症で苦しみ、長く辛い時期を乗り越えました。
句集にも「銃口の的は わたくし椿の実」というのを読んでいます。
2年前に再手術をしてからは気持ちが落ち込んだりしたこともあったようでしたが
あとがき に
「私が感じたことは自分が人生の最終章に入っているということだ。
それは明日か、一年後か、十年後かはわからない。しかしその日は
確実にやってくる。」 と記しています。 
「前向きに」との励ましで去年から今までの自作の句を整理しはじめ、
彼女の句集が完成したのです。

電話で長話をし、悩みを話し合い、励ましあった彼女の句集の完成は
私はとっても嬉しいのです!!
[PR]
by michikobaya | 2010-07-30 18:18 | 日々のこと
<< 佐渡の宿根木 夏の散歩道 >>