旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


軽井沢の旧三笠ホテル
e0101828_11505996.jpg
秋の気配が立ちこめる軽井沢。
三笠通りの落葉松の美しいトンネルをくぐり抜けて行くと
重要文化財旧三笠ホテルがあります。
明治37年(1904年)に日本人設計者と日本人の技により建てられた
西洋建築様式の建物でホテルとしての営業は明治39年(1906年)に
開始され、往時は軽井沢の鹿鳴館と呼ばれました。
今年は特別企画展~峠を越えた西洋文化~三笠ホテル100年祭でした。
長野県上田に1泊、軽井沢に1泊して点在する美術館をみたり、
しゃれたショップを覗いたり、季節の移ろいを感じながら静かで心豊かな
おとなの時間を過ごしてきました。



※移転前に頂いたコメントを以下に転載します。

---------------


 雰囲気のある建築ですね。この時代の建物は、西欧風でありながらも、従来の日本建築の良さを生かしたもので、現代の我々から見るとなんともいいがたい雰囲気を持っているのですね。

投稿者 watari41 : 2006年10月06日 20:33
素敵ですね。
私もようやく、古くて優れたものの良さを感じられるようになり、落ち着いた時間をゆっくり過ごせるようになってきました。
子育てが一段落して、この年齢になったご褒美かも知れませんね。
あとは、健康をうまく維持していくことが重要な気がします^^


投稿者 piomio : 2006年10月07日 14:42
そうなんです~。watari41さん。
西洋式でありながら内部もどこかに昔の古い木造の国民小学校の雰囲気があるんです。
明治の上流階級の人々の晩餐会のセピア色の写真も飾ってありました。


投稿者 michiko : 2006年10月07日 20:53
piomioさんも、きっとこれからゆったりと
鑑賞することがお好きになられるのではないかしら・・・?
年を重ねることで素晴らしいご褒美をもらえるんですよネ!!

投稿者 michiko : 2006年10月07日 21:02
素敵な秋を過ごされましたね。

「三笠ホテル」では、さまざまな人のいろいろな人生に思いを寄せると、なんだか小説が書けそうですね。

投稿者 ようこ : 2006年10月08日 05:03
本当に!!そうですよねぇ、ようこさん。
明治を生きられた方達は小説のストーリーになるような人生がいろいろあったに違いありません。
そのようなことに思いを馳せながら見て来ました。

投稿者 michiko : 2006年10月08日 18:16
[PR]
by michikobaya | 2006-10-06 01:47 |
<< エンジェル・トランペットの花