旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ナローボートの旅
ナローボートのルーツは18世紀末、イギリスの産業革命とともに建設がはじまり
その目的は主に石炭の輸送でしたが、王室ご用達の高級磁器ウエッジウッドの
原料や製品の輸送をしました。
運河はイギリス全土に建設されましたが、鉄道や道路の発達で一時は消えかかり
ゆったりした船旅は21世紀に入った今見直されて イギリス国内だけでなく
世界中から注目を集めています。


私達はストラドフォード・アポン・エイボンから乗船しました。

e0101828_5202161.jpg

     オーナーのアンディー・ブラウンさんと敦子(あつこ)さんご夫妻

キャプテンプーク「ウオーキング号」は船の操舵からいくつもある水門の開閉まで
ご夫妻とご一緒に私達全員で行います。

e0101828_5254475.jpg

                お客様用寝室

e0101828_5264999.jpg

             ダイニングからキッチンへの通路

船の最後部には操舵室があり寝室、ダイニング、キッチン、トイレ、洗面台など
狭いながらも船内での生活が出来るようになっています。

乗船して進むこと30分位で水門にさしかかりました。
ご夫妻に教えてもらって 私もギャッキを持ってくるくる回し、てこの応用で
太い水平の横棒をヨイショ、ヨイショとおして開閉しました。
e0101828_8454736.jpg

         この水門の中で川の水位の高低を調整します。

目的地のウエルフォード・オン・エイボンに昼過ぎに到着しました。

e0101828_8572153.jpg

                   船を繋留

敦子さんの作ってくださったお弁当をリュックに入れて出発しました。
知る人ぞ知る この ウエルフォード・オン・エイボンは茅葺屋根の美しい民家が
沢山あって絵心を誘う静かな美しい村でした。

e0101828_923691.jpg

         このような古い民家が数多くあるのです。

スケッチしていると家の中から主らしき人達が出てきて英語で話しかけてきました。
「ナウ ウイアー ドローイング ピクチャー」などこたえると 早口の英語が返ってきます。
困った!!(*_*) 「アイ キャノット イングリッシュ」・・・・。
聞くところによりますと、このような伝統のある家に住んでいる人達は
裕福な方達のようでした。


e0101828_9172350.jpg

                ナローボートからの風景

今にも手が届きそうな岸辺の緑や浮かぶ白い雲の下、カワセミのこえを聞きながら
白鳥と同じ位の速さ(時速5キロ)でカントリーサイドを行くナローボートの旅は
めまぐるしい現代生活を忘れさせる本当のスローライフでした。
[PR]
by michikobaya | 2007-10-07 09:29 |
<< 栗駒山の紅葉 イギリス 絵心の旅 >>