旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


公園のブルーベリー
e0101828_16511276.jpg

                公園で摘んだ ブリーベリー

早朝のウオーキングでいつも通過する公園の散策路にブルーベリーが植えられています。
ご覧下さい! そこで摘んできたブルーベリーなんです。
そこの木に小さい実がなっていてもブルーベリーだとは知らない人も多く
黒く色づいて食べごろになっても摘んで行く人もいないのです。
そういえば都市生活の現代っ子達は果物はお店で買うもので木に実ったものを
採って食べるという習慣もなくなってしまったようです。

そんな時代にオーストラリアで生まれた考え方で パーマカルチャー があります。
パーマカルチャーとは地形や川、風など自然資源を巧みに使って環境と共生し
果物や農産物を収穫するという考え方なのです。
パーマカルチャー式のお庭をつくられた方のお庭を拝見させていただいたことがあります。
すべて実のなる樹木が植えられて雨水も一箇所に集められ庭木に散水できるように
なっていて循環して流れる水音も優しく人の耳に聞こえるように設計されていました。
眺めるだけのお庭でなく収穫の楽しみがあるお庭って なかなかいいものですネ。

秋に赤い柿が枝に残っているのは晩秋の風情とも感じていましたが、食べれる実を
そのままにしておくのは もったいない気がしていました。




   
[PR]
by michikobaya | 2008-08-20 17:34 | 日々のこと
<< 箱根・旧街道の石畳 ちそ巻き >>