旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日々のこと( 95 )
公園の忘れ物
e0101828_12551536.jpg

        公園に忘れられた 子供達の洋服とグローブ

毎朝のウーキングの途中でラジオ体操をしている公園に立ち寄り、
皆さんと一緒にラジオから流れる体操の音楽にあわせてラジオ体操をしています。
青い空、流れる雲を見ながらのストレッチは爽やかで気持ちがいいのです。

公園は近くの方がボランティアで花壇のお世話や除草、ベンチの塗料を塗り替えたり
してくださっているので、いつも綺麗です。

この連休の間にベンチに忘れ物がありました。
子供達が思い出して又取りに戻るかしら・・・?とそこに置いてありましたが
4~5日経過しても誰も取りに訪れず そのままになっていました。
朝露に濡れて洋服はだんだん汚れてきます。
グローブも楽天のマーク入りでフアンの子供には宝ものだと思われました。

遊びに夢中の子供達が家に帰ったとき、
何処に脱ぎ置いたか?わからなくなったのかしら?
家に戻った子供が出掛けた時の洋服と同じではないことに親が気づかないのかしら?
GW中に祖父母の家に帰省していて もう東京に帰っていったかしら?
などなど想像していましたが、このままだとゴミに捨てられてしまいます。
この持ち主が現れない洋服は家に持ち帰って洗濯し、
子ども会の新聞でお知らせすることになりました。

引き取り手がいない JR の忘れ物の番組を見たことがありましたが
高価な品でも忘れたことを気づかない世の中なのでしょうか?
モノが溢れている現代は また買えばいい・・・のでしょうか?
モノを大切にする もったいない心を現代の若い世代にも
忘れないでほしいと思うこの頃です。
[PR]
by michikobaya | 2010-05-08 13:39 | 日々のこと
春の進行
e0101828_1681679.jpg

            空き地の 野すみれ

今日は風も無く気温は午後2時ごろ15度~16度位で暖かい日になりました。

空き地には 小さくて可愛い 野すみれが あちこちに咲いています。

東南角地だからでしょうか?毎年近くの銀行の植え込みにある白木蓮が 
このあたりの木蓮では一番早く咲くのです。
きっと今日は開花しているかなぁ~と行って見ましたら ヤッパリ咲き始めています。
e0101828_16173650.jpg

             銀行の植え込みの白木蓮
ふっくらとした大きいお花ですが清清しい白も、赤紫の赤木蓮も大好きな花です。

e0101828_16214344.jpg

        レンギョウも日当たりの良いところでは咲き始めました。
     
桜も来週は開花するでしょう。
のんびり、うっかりすると季節の進行は速くてお花を見逃してしまいそう・・・。

草木が芽吹き、お花が咲き始めるこの季節はこころも膨らみはじめます!!
[PR]
by michikobaya | 2010-04-10 17:08 | 日々のこと
春よこ~い、早くこい
e0101828_20424629.jpg

            ご近所の梅が開花

e0101828_20443360.jpg

           フキノトウが沢山顔をだしました。

e0101828_20461270.jpg

            セキレイの美しい姿

まだ風は冷たいながらも 一歩一歩春は近づいているようです。
クロッカスの蕾がふくらみはじめ、チュウリップの葉が伸び始めています。
ご近所の梅が咲き始め、今年もフキノトウが沢山顔を覗かせています。

朝の散歩はバードウオッチングでよく立ち止まるのですが、
野鳥は人の気配で飛び立ったり、移動をはじめます。

樹木の枝にとまっていると下からのアングルになってしまいますし、
ちょうどいい高さにいてもチココチョコ動いてじっとしてくれません。
撮っても後姿だったり、良い角度にはなかなか撮れないのです。

本や図鑑、パンフレットに出ている綺麗な小鳥の写真は望遠レンズで
気長にチャンスを待って撮影されたのでしょう。
撮影された方のご苦労がわかりました。


3月には珍しかった先頃の大雪がまだ溶けずに残っていても
春は着々と近づいています。
[PR]
by michikobaya | 2010-03-15 21:28 | 日々のこと
お雛祭り
e0101828_208117.jpg

             和菓子の おひなさま

お雛祭りは女の子だけではなく春の訪れを待つ嬉しい行事です。

最近の一般家庭では7段飾りを置ける広い部屋も少なくなりました。
昔、 紅花交易で栄えた山形県各地の豪商の古い蔵に飾られた時代雛 「享保雛」
「有職雛」「次郎左衛文雛」「古今雛」を見に行く人達が多くなりました。

今年はお雛様の和菓子で美味しいお抹茶をいただきましょう。
散らし寿司などつくって 静かに大人のおひなまつりをしました。

e0101828_20294262.jpg

[PR]
by michikobaya | 2010-03-02 20:32 | 日々のこと
新旧のデジカメ
e0101828_14232462.jpg

       上はオリンパスの古いもの 下は新購入のCASIOデジカメ

暫く前から撮影した写真をパソコンに取り込む時、USBケーブルの接触が悪くなり
取り込時にアレコレやり直すことが多く、他にも不具合を感じるようになっていました。
数えてみると もう、7年目になっていましたので 新しいのを買いました。

今まではXDピクチャーカードを16MBから256MBまで容量の違う4枚を
使いわけしていましたが、
今回の新しいのはSDカード、4GBで コレ一枚で充分らしいし、新しい機能としては
11秒、27秒、1分39秒の動画撮影もできます。
そう云えば以前カメラコーナーの売り場には ビデオが沢山並んでいたのですが
器機が小型化していますし、注意して見なかったせいか?あまり目につきませんでした。
SDカードはテレビに直接入れて大画面で見ることが出来て撮影画像に迫力があり
使いやすくなっています。
器機は日々進化しているのですねぇ~!!

今までオリンパスのは少々重かったのですがいつもバックの中に御伴して持ち歩き
7年間愛用しました。
お陰で た~くさん撮らせてもらい ありがとう!! ご苦労様でした!!(*^。^*)

思い出の記録を 大切に保存しましょう。 (*^。^*)
[PR]
by michikobaya | 2010-02-22 15:20 | 日々のこと
雪紋
e0101828_1673416.jpg

             強風で出来た 雪紋

20010年元旦は 北日本、東日本は冬型荒れ模様のお天気になり
仙台も雪が終日降ったり止んだりしていました。

2日朝はまだ風が強く泉区住宅地の辺りは5~6センチ、吹き溜まりは10~12センチ
くらいの積雪でした。まだ誰も通らない坂道には綺麗な雪紋が出来ていました。



一昨年、去年 世界中の激しい変化に日本も巻き込まれながら新年をむかえました。
いつの世もかわり行くもの・・・・、常なるものはありません。

「この世に起きることは、すべて必要・必然と受け止める」と書かれた賀状を
しみじみ感じながら読みました。

新たな一年が皆様にとっても幸せ多い一年でありますようにと祈りました。

e0101828_16315483.jpg

            2日朝の 紫山公園
[PR]
by michikobaya | 2010-01-02 16:35 | 日々のこと
不思議な邂逅
e0101828_10482968.jpg

            青木さんの個展の会場で

新幹線での隣同士に座った友人が、末期がんと闘いながら体験談を
講演に行かれる方と出会いました。 
その方は青木さんという芸大受験生達にピアノ指導をされていらした方で
6年前にガン手術後 入退院を繰り返し慢性膵炎、声帯神経麻痺など様々な余病・
障害と闘いながら、リハビリに取り組み中で製作された押し花15点、
陶芸作品5点を静岡県駿東長泉町で個展をされました。
写真手前にある お花の横の白い音符が描かれた黒いものは
彼女が製作した自分の為の骨壷でした。

友人と訪れた会場で彼女の数奇な運命をお聴きしました。
中学生だった頃、列車のドアに首を挟まれたまま4キロも走行し脳に瀕死の障害を
受けたのが第一回目、 その後高校時代修学旅行先で居眠り運転の車に突っ込まれ
心肺停止で親戚肉親に死亡電報を打ち医者が死亡報告書を書いている途中に
鼻、耳に死後処理の脱脂綿を詰め込まれた状態の臨死状態からの蘇生されました。
その後も数々の災難がこの半生に5回、九死に一生を得られたのでした。
どんな苦難にも打ち勝って生きる力をもっていらっしゃる人に
神は何回も試練をあたえるのでしょうか?
些細な苦労にも打ちひしがれてしまいそうな私達の日常を深く反省させられ
頑張る力を与えていただきました。


先頃12月13日NHK BSでの再放送で NHKスペシャルで一昨年膀胱がんを患われた
立花隆さんの「立花隆思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む」を偶然みていました。
立花隆さんは 最後に「死は日常の傍にあり」という言葉で締めくくられていました。
この番組は 12月26日(土曜日)午後0時10~ BS2で再再放送があるはずです。

私達は友人、知人、周囲の方達が がんを患われる方がとても多く
生きるということに、深い想いを抱くようになりました。

生きているのではなく 「神に生かされている」 のだと思うのです。
[PR]
by michikobaya | 2009-12-23 11:37 | 日々のこと
冬桜
e0101828_16422677.jpg

            初冬にに咲く   冬桜

このところ、晩秋の小春日和が続き 真っ赤なモミジ、黄色いイチョウの葉を
踏みしめてのウオーキングは気分は詩人・・・?
けれど 凡人には素敵な言葉が浮かんでこないので雰囲気を楽しむだけ・・・・。


いつも通る紫山公園の近くに毎年 11月中旬からチラチラと小さく咲く
八重サクラの樹が3~4本あるのです。
そこをウオーキングコースにしてから4年目の今年、例年よりも沢山の花が
付いているのです。
気象条件にもよるようですが一度寒波が来てから 小春日和が続く11月中旬から
咲き始め、寒さに向かうのでゆっくりと1ヶ月半くらい開花しているようです。


カメラをむけていると子犬を抱いた人が 「公園の樹木に肥料をあげると、もっと
綺麗に咲くのになぁ~~」と云いながら眺めています。
正式の名前を聞いたのですが、その方も「何だったっけかなぁ~?」


気をつけて あたりを見ると  赤とピンクのボケの木にも季節を勘違いしたのが
3~5輪 花を咲かせていました。
本格的な寒さも もうすぐ・・・。 今日からは師走です。



 
[PR]
by michikobaya | 2009-12-01 17:13 | 日々のこと
巨大水彩画
e0101828_2014125.jpg

           巨大水彩画 「太陽と星の間」

せんだいメディアテーク1F オープンスクエアで加川広重さんの巨大水彩画を観ました。
高さは5M×横幅16M位で会場の壁面に広がっています。
大画面ならではの迫力ある臨場感で驚きました。

これまで「光」が重要なモチーフだったそうですが、その源である太陽自体を
描きたいというイメージが膨らんで今回の新作「太陽と星の間」になったのだそうです。

太陽の光、それを受け輝く大地、そして水面に映る星星を一つの情景の中に描きました。
・・・・・と解説が書いてありました。



e0101828_2040970.jpg

           2008年制作の「全天星座図」
[PR]
by michikobaya | 2009-11-22 20:45 | 日々のこと
SOHO(スモール・ホームオフィス)サロン
e0101828_2042307.jpg

             受付においてくださったお花

仙台市シニア活動サポートセンター長の真壁かおり様、せんだい・みやぎNPOセンター
代表加藤哲夫様のプロデュースで昨日13日アエル6階の情報・産業プラザ
セミナールーム1Aで加者7名(30代~50代)、受付のセンター長の真壁さん、
手伝いの我が娘 全員で10名のこじんまりした「SOHOサロン」をいたしました。
アエル6階のセミナールーム何室かあるのですが1Aの部屋は小さな部屋で
SOHO(スモールホームオフィスの略語)の話にはちょうど良かったです。

最近は会社組織でなく個人で何か仕事を始めたいと考えている方も多いようです。

以前30代~40代にしていたフラワーデザイン、ICAS(国際都市仙台を支える市民の会)
の立ち上げに参加し活動したたこと、14年前から自宅の一室でギフト用絵本の仕事を
していることなど、仕事の種類は違ってもが共通していた大切な心構えなど、
経験から得た知恵や失敗談を これから何かをしたいと考えていらっしゃる方達に
お話しを致しました。
この広い世の中に自分が経験したことは一本の針の穴ほどのことかもしれませんが
参加された方達は熱心にメモをとったり、それぞれ質問したり終わりごろには
皆さん和やかな雰囲気で名刺交換などをして終わりました。

おしゃべり苦手の私が人前でお話するのは緊張しましたが、
普段の忙しい日々の中では今までの過ぎし日の経験をまとめるコトは無かったので 
自身の為にもちょうど良い機会でした。
[PR]
by michikobaya | 2009-11-14 22:05 | 日々のこと