旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:スケッチ( 23 )
初秋の山寺にて
e0101828_9463387.jpg

              山寺の宝珠橋から仙山線を望む

紅葉にはまだ早いのですが、山寺でスケッチ教室があり 行った来ました。

駅から立石寺への上り口の手前に川が流れています。
その川は「立谷川」といって 面白山に源を発して 
天童と山形市の中間で最上川に流れているそうです。
その川にかかっている朱色の橋は「宝珠橋」といいます。
橋の歩道の中央に座り込んで時々列車が通過する仙山線の鉄橋を見ながら
描きました。

駅近くの土産屋さんには土地のものが並んでいて粒は小さいけれど
天然ものらしい「イチジク」がありましたので帰りに買ってきて食べてみましたら 
甘くてとても美味しかったのです。
昔、子供の頃 家の裏庭の イチジクの木によじ登ってもぎ取って食べた
懐かしい味でした。

果物も人工的に栽培されたものが多くなり天然モノはめったに見つからなくなりました。
[PR]
by michikobaya | 2008-10-08 10:29 | スケッチ
野外スケッチ作品展
e0101828_9113770.jpg

                  SENKENギャラリー

河北カルチャーセンターの講座の野外スケッチ作品展が開かれています。
場所は 仙台市青葉区一番町2丁目13(南町通り)仙建ビル1Fの
             SENKENギャラリー です。
     会期:7月16日(水曜)~20日(日曜)
         AM10:00~PM6:00(最終日はPM5:00)

教室の日に行ったスケッチ場所での作品を中心に パステル、水彩、油彩など
絵の具も雰囲気も個性豊かに表現した作品で楽しい展示会です。
私も松島に行った時に描いた「初夏の五大堂」を出品しました。
[PR]
by michikobaya | 2008-07-17 09:43 | スケッチ
蔵王
e0101828_15243193.jpg

                  宮城蔵王、賽の河原から

風もなくスッキリと晴れ渡った日曜日。
宮城蔵王の賽の河原からの登山道で写生会がありました。
その1枚です。
[PR]
by michikobaya | 2008-06-16 15:44 | スケッチ
モデルさん
e0101828_12235833.jpg

                     ドイツの娘さん

経験の浅い人物画は毎回トライの連続です。
画用紙サイズも今までになく大きく(縦74、横55)で絵の具も
水彩とパステルの混合です。
モデルはドイツの娘さんですが、彫りの深いお顔のつくりまでは表現できませんでした。


風景画がいいのか?静物画か人物画か?自分には何がむいているのか?
まだ わからないまま出逢った流れの中で試行錯誤しながら模索しています。
そのうちに いつの日にか自分のスタイルがわかるのかもしれません。
[PR]
by michikobaya | 2008-03-19 12:37 | スケッチ
人物の絵
e0101828_16144822.jpg

                 若い女性

冬場は野外にスケッチに行けませんので室内で静物や人物を描くことが
多いようです。
人物は去年の冬 初めて3人のモデルさんを描き、一年ぶりに4枚目を描きました。

人は人間の身体のバランスをとてもよく分かっていますので
バランスの悪いのもすぐ分かってしまいます。
人物画は絵画の分野では非常に難しいのだと知りました。
なので骨格をしっかりイメージしするために裸婦のクロッキーからはじめると
良いとのことですが、順序良くいかなくて いきなり着衣からはじめて
大変 難しかったです。
[PR]
by michikobaya | 2008-01-31 16:40 | スケッチ
長沼フートピア公園

e0101828_9382379.jpg

              公園の丘から 長沼を望む

登米市迫町に伊豆沼、長沼、内沼の 冬は渡り鳥 夏は蓮の花の
水と風のエリアが広がっています。
初秋の好天の一日 長沼フートピア公園に行って見ました。

迫町の中央部に位置する周囲24キロメートルの長沼は県内最大の
沼湖で漕艇場もあります。
夏には小型遊覧船で湖面の蓮を眺める「はすまつり」があり
8月13日には ふるさと花火IN長沼が開催されます。
広々した公園内には丘の上に長沼のシンボルとして
オランダ風車がそびえ立っています。
e0101828_10482585.jpg

                 丘の上の オランダ風車

すぐそばには長さ111mのローラー滑り台があり
遠足に来た幼稚園児たちが歓声をあげて遊んでいました。
敷地内には本格的キャンプ場もあり、かやぶき屋根の ふるさと館もあります。

e0101828_10494764.jpg

                  ふるさと館


広い駐車場もあり、ドライブ方々訪れるにはよい所でした。
[PR]
by michikobaya | 2007-09-15 10:57 | スケッチ
作品展
e0101828_993024.jpg

                  SENKENギャラリー

NHK文化センター泉教室「淡彩スケッチ講座」の第四回作品展が
9月4日(火)~9月9日(日)まであります。

場所:仙台市青葉区一番町2-2-13 仙建ビル1F
     (南町通り ブラザービル 隣)
    SENKENギャラリー
    AM10:00~PM17:00   Open

私のささやかな作品、尾瀬に行った時のスケッチも出品しておりますので
街にお出かけの おついでがありましたら どうぞ覗いてみてくださいませ。
[PR]
by michikobaya | 2007-09-04 09:23 | スケッチ
新緑のニッカウイスキー仙台工場
e0101828_1555091.jpg


               ニッカウイスキー宮城峡蒸留所

仙台駅から車で30K 約45分位 国道45号線を山形方面に走ると左側に
ニッカウイスキー仙台工場(宮城峡蒸留所)があtります。
〒989-3433  仙台市青葉区ニッカ1番地

新緑が美しい5月の晴天に ここでスケッチを楽しみました。


ニッカの創業者 竹鶴政孝(1894年生)さんは日本に本格的ウイスキーをと
スコットランドに留学し、1929年日本人が初めてつくった本格ウイスキーが
できました。
1934年に北海道 余市でニッカの北海道工場が完成し、1929年念願の
第一号ウイスキーを出荷。 1969年 宮城郡宮城町(現在は青葉区ニッカ)
広瀬川と新川川(にっかわがわ)が合流する理想の環境に仙台工場が完成しました。
自然環境を生かした工場内はヨーロッパを連想させます。
見学者はグループごとに案内嬢に誘導されて工場内を見学後 ゲストホールの
試飲コーナーでほっと一息。  お土産も売っています。
作並温泉もすぐ近くで、仙台の日帰り散策ドライブコースになっています。
[PR]
by michikobaya | 2007-05-16 15:26 | スケッチ
北上川河口のヨシ原
e0101828_2211192.jpg


石巻市北上町あたりの北上川はゆったりと流れて岸辺には背の高いヨシ原が
広がっています。ヨシ原には多くの水鳥や魚や貝、昆虫や動物も住んでいて
自然浄化作用があります。
ヨシはアシとも呼ばれ、ヨシズ(すだれ)やかやぶき屋根の材料になることは
良く知られていますが最近は、このヨシから和紙が作られるようになり、
北上水辺センターでは和紙で作られた便箋などのPRをしています。

今は去年の枯れた背の高いヨシが黄金色になっていますが、ヨシの愛護団体
北上の自然を守る会の人達の手で4月17日(火)に9:30~枯れたヨシに火を入れて
一斉に焼くのだそうです。一ヶ月後には良い新芽が出るとのことです。

日本の音風景百選に、この北上川河口のヨシ原が選ばれていて
初夏から初冬にかけて川面を渡る風がヨシの擦れ合う音を誘い
ヨシ原一面で合唱がはじまります。

このヨシの奏でる音はきっと青い空の下で風のささやきでサヤサヤ ザワザワ 
キュルルン と優しく聞こえてくることでしょう。
初秋の涼風が吹く頃に、もう一度 ヨシ原の合唱を聴きに訪れたいとおもいます。
[PR]
by michikobaya | 2007-04-09 22:56 | スケッチ
庄内スケッチの旅
e0101828_1328734.jpg

         山形県飽海郡遊佐町吹浦から鳥海山を望む

庄内 酒田方面へスケッチに行ってきました。
飽海郡遊佐町の鳥海自然文化館「遊楽里」に宿泊し、近くの吹浦から雲のかかった
鳥海山を描きました。
翌日は酒田港海洋センター、山居倉庫、土門拳記念館へ行きました。

e0101828_13361215.jpg

              山居倉庫にて

明治26年に米穀取引所の倉庫として建造された山居倉庫。
自然の力による低温管理の為に植栽されたケヤキ並木は倉庫より古く130年以上で
移ろう季節の毎にモノトーンの倉庫群は絵を愛する人達によく描かれる場所です。
[PR]
by michikobaya | 2007-04-02 13:52 | スケッチ