旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
鎌倉の名刹 円覚寺
e0101828_21464151.jpg

                 北鎌倉の円覚寺

鎌倉には多くのお寺があるのですが、その一つに
JR北鎌倉の駅から徒歩1分のところに鎌倉の名刹 円覚寺があります。
総門から入っていくと山に向かって一直線に次々と院や庵など19の塔頭寺院が
建っています。

e0101828_225152.jpg


6万坪の境内は修行僧の方達の手で塵一つ無く掃き清められていました。
箒の筋目が残っている砂利道を歩くのは もったいないような気がしました。

e0101828_22231014.jpg


この寺は紅葉が美しいことでも有名ですので、
これからの季節は観光客が多くなることでしょう。
少しシーズンが早い今は 訪れる人も少なく
静かに いにしえを偲ぶにはちょうどいい 大人の散策路でした。
[PR]
by michikobaya | 2008-09-25 22:41 |
アメディオ・モディリアーニ展
e0101828_229768.jpg

                   おさげ髪の少女

岩手県立美術館で アメディオ・モリディアーニ展が開催中です。

彫刻を目指していたモディリアーニは健康上の理由と資金不足から絵画に転向し
数多くの人物画を描きました。
どの絵も首が長く、なで肩に描かれているのが特徴です。
風景画は生涯に3点しか描かなかったそうですが、
そうであれば尚見たいと思うのが常ですが今回の企画展には出ていませんでした。
モディリアーニは美貌と気品を備え教養豊かな人物でしたが、35歳の若さで悲劇的な
死を迎えました。妻ジャンヌは二人目の子を身ごもっていましたが彼の死後2日目に
投身自殺をしたのです。
e0101828_22333948.jpg

                     母と子

この絵は最初の子が生まれた直後に描かれたそうです。
どの絵も描かれた人物が、観る私たちをじーっとみつめていて
とても印象に残る絵でした。
[PR]
by michikobaya | 2008-09-15 22:55 |
きのこ
e0101828_21373567.jpg

                 沢山の  きのこが・・・・

朝な夕なに通る近くの公園の道路脇に たくさんのきのこが顔を出しています。
かなり大きいのです!!
今年の夏は雨が多かったせいでしょうか?
食べられる きのこか? そうでない きのこでしょうか?

秋は 里山にきのこ狩りに出かける方もあるようですが、
私達一般人にはきのこは売られているものしか食べられません。
天然の舞茸を食した人から「それは、それは美味しかった」とお聞きしたことがあります。
[PR]
by michikobaya | 2008-09-09 21:49 | 日々のこと
箱根・旧街道の石畳
e0101828_10451247.jpg

                 箱根・旧街道の石畳

歩くことが旅だった昔、箱根八里は東海道の最大の難所だったそうです。
最高800mを越える山中は雨や雪が降ると旅人達はすねまで泥につかり
大変な困難と戦っての旅だったようです。
この道に石畳が敷設されたのは江戸時代でした。

箱根の元箱根地区の芦ノ湖遊覧船が出る 伊豆箱根鉄道船舶乗り場から
真っ直ぐに山手の方に10分ほど歩くと鬱蒼と茂る木立の中に旧街道がありました。
e0101828_1161832.jpg


今は訪れる人も少なくひっそりと静まり返ったその道は看板がなければ
見落としてしまいそうです。
雨上がりの蒸し暑い夏の終わりの日、薄暗い木立の中を歩いてみると
深とした香りが遠い時代を呼び起こします。
数え切れないほどの昔の人々の想いを石畳は記憶していました。
[PR]
by michikobaya | 2008-09-01 11:18 |