旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
新旧のデジカメ
e0101828_14232462.jpg

       上はオリンパスの古いもの 下は新購入のCASIOデジカメ

暫く前から撮影した写真をパソコンに取り込む時、USBケーブルの接触が悪くなり
取り込時にアレコレやり直すことが多く、他にも不具合を感じるようになっていました。
数えてみると もう、7年目になっていましたので 新しいのを買いました。

今まではXDピクチャーカードを16MBから256MBまで容量の違う4枚を
使いわけしていましたが、
今回の新しいのはSDカード、4GBで コレ一枚で充分らしいし、新しい機能としては
11秒、27秒、1分39秒の動画撮影もできます。
そう云えば以前カメラコーナーの売り場には ビデオが沢山並んでいたのですが
器機が小型化していますし、注意して見なかったせいか?あまり目につきませんでした。
SDカードはテレビに直接入れて大画面で見ることが出来て撮影画像に迫力があり
使いやすくなっています。
器機は日々進化しているのですねぇ~!!

今までオリンパスのは少々重かったのですがいつもバックの中に御伴して持ち歩き
7年間愛用しました。
お陰で た~くさん撮らせてもらい ありがとう!! ご苦労様でした!!(*^。^*)

思い出の記録を 大切に保存しましょう。 (*^。^*)
[PR]
by michikobaya | 2010-02-22 15:20 | 日々のこと
寺岡の 「ふれあいサロン」
e0101828_20435791.jpg

       「ふれあいサロン」プログラムと いただいた お花

寺岡地区住民のコニュニティのためのサロンが偶数月に集会所で開かれています。
企画、お世話をしていらっしゃる方からヴァイオリン演奏をということになり、昨日
2月9日(火)午後1時から寺岡5、6丁目集会所でトゥインクル・ハーモニーのメンバー
3人で演奏しました。

初めにキーボードの伴奏でヘンデルの「ブーレ」、ビバルディの「四季」の冬から
第二楽章はヴァイオリン二重奏で聴いていただきました。

その後、会場の皆さんと一緒に歌う曲「「少年時代」「大きな古時計」「エーデルワイス」
「雪の降る街を」「見上げてごらん夜の星を」を 私達は伴奏し
楽器ならなんでもござれ!のタレント性豊かな K 氏は曲と曲との間に軽妙なトークを
入れて皆さんの合唱を和やかにリードしていただきました。

最後に3本のバイオリンでメンデルスゾーンの「歌の翼に」を弾いて終わりました。

その後は ティータイムがはじまりました。


新しい住宅地では近隣とお付き合いが希薄になる傾向がありますすので 
このようなサロンで住民同士のコニュにケーションがうまく進展するように
今後の活動に期待したいものです。  
[PR]
by michikobaya | 2010-02-10 21:49 | ヴァイオリン
倉敷を訪ねて
e0101828_547159.jpg


e0101828_5483060.jpg

         倉敷川の両側に並ぶ江戸情緒の町並み

冬の旅として少しは暖かい山陽地方を旅することになりました。
その2日目は倉敷市を尋ねたのです。

倉敷美観地区と呼ばれる倉敷川畔の両側は江戸時代からの豪商の館や白壁の蔵
などが国の伝統的建造物保存地区に選定されています。
江戸時代、綿の商都として栄えた倉敷は明治にはそれを加工する工業の町へと前進し
街の豪商大原家が創業した倉敷紡績の発祥の地で旧大原家住宅はこの美観地区の
入り口近くにあり、日本で初の私立西洋美術館で有名な大原美術館もこの川岸の
美観地区にあります。
倉敷紡績の工場跡地は今は「倉敷アイビースクエア」と呼ばれて赤レンガの建物は
蔦の絡まるウエディング館にもなっていました。
工場跡地と現在の道路の境界の煉瓦の塀は頑丈で4m位の異様な高さでフト
女工哀史のことが脳裏をかすめましたが今はそれを語る人も居ないことでしょう。



この倉敷に住む同窓の友人に何十年ぶりで再会し、この街を案内していただきました。

e0101828_644203.jpg

         大原美術館の倉敷川畔からの正面入り口
[PR]
by michikobaya | 2010-02-04 06:55 |