旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
マネ と ベルト・モリゾ
e0101828_179010.jpg

       < すみれの花束をつけた ベルト・モリゾ >

ここに描かれている美しい女性は 画家エドワール・マネ(1832-1883)によって
画家ベルト・モリゾ(1841-1895)の肖像画として描かれました。

女性が官立美術学校には入学も許されなかった時代、ルーブル美術館で
絵の模写をしていたところを 画家マネに一目惚れされて 
マネの弟子として又モデルとなりました。これはモリゾが31歳の時のものです。
マネにはお気に入りのモデルが何人もいて、モリゾとマネは恋愛関係にあったいう説も
ありますがモリゾはマネの弟と結婚し以後マネはモリゾを描いていません。
しかし二人は同じお墓に墓標も並んで永遠の眠りについているのです。
女性が絵を描くなど許されない時代に周囲の偏見や社会風潮と闘いながらも
モリゾは印象派の画家として自立した女性でした。
画家の人生を辿るとき、様々な人間ドラマがあって その時々の絵はその画家の心も
映されていて観る人を魅了します。

「マネとモダン・パリ展」は東京・丸の内の三菱一号館美術館の開館記念展として
4月6日~7月25日まで開催されています。

この美術館の建物は明治27年1894年旧三菱一号館として建設され
戦後の高度成長期には姿を消したのですが最近になって設計図や写真を基に
可能な限り忠実に復元されています。
明治時代の建築は部屋の一つ一つが現代に比べて狭く廊下も細いのですが
内部はエレベーターや自動ドアで人が動きやすくなっています。
そのお陰で 一つの部屋に飾れる作品数はかぎりがありますので いくつもの部屋に
少しづつ展示されています。 
部屋から部屋に巡っていくうちに観られるというわけです。

東京駅から徒歩5~6分ですので新幹線日帰りで充分ゆっくりと観られます。
e0101828_17542755.jpg

            ビルの谷間の 三菱一号館美術館
[PR]
by michikobaya | 2010-05-20 18:04 | スケッチ
公園の忘れ物
e0101828_12551536.jpg

        公園に忘れられた 子供達の洋服とグローブ

毎朝のウーキングの途中でラジオ体操をしている公園に立ち寄り、
皆さんと一緒にラジオから流れる体操の音楽にあわせてラジオ体操をしています。
青い空、流れる雲を見ながらのストレッチは爽やかで気持ちがいいのです。

公園は近くの方がボランティアで花壇のお世話や除草、ベンチの塗料を塗り替えたり
してくださっているので、いつも綺麗です。

この連休の間にベンチに忘れ物がありました。
子供達が思い出して又取りに戻るかしら・・・?とそこに置いてありましたが
4~5日経過しても誰も取りに訪れず そのままになっていました。
朝露に濡れて洋服はだんだん汚れてきます。
グローブも楽天のマーク入りでフアンの子供には宝ものだと思われました。

遊びに夢中の子供達が家に帰ったとき、
何処に脱ぎ置いたか?わからなくなったのかしら?
家に戻った子供が出掛けた時の洋服と同じではないことに親が気づかないのかしら?
GW中に祖父母の家に帰省していて もう東京に帰っていったかしら?
などなど想像していましたが、このままだとゴミに捨てられてしまいます。
この持ち主が現れない洋服は家に持ち帰って洗濯し、
子ども会の新聞でお知らせすることになりました。

引き取り手がいない JR の忘れ物の番組を見たことがありましたが
高価な品でも忘れたことを気づかない世の中なのでしょうか?
モノが溢れている現代は また買えばいい・・・のでしょうか?
モノを大切にする もったいない心を現代の若い世代にも
忘れないでほしいと思うこの頃です。
[PR]
by michikobaya | 2010-05-08 13:39 | 日々のこと