旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バグパイプ演奏
e0101828_1049040.jpg

         ジェラルド・ミューヘッド氏の演奏会

昨日、寺岡市民センターで珍しいバグパイプの演奏会がありました。

第Ⅰ部は イリアンパイプスという 横長のパイプで腰掛けての演奏で
     アイルランドの曲や日本の童謡・唱歌のメロディーも聴きました。
第Ⅱ部は バグパイプで 写真のように立った姿でスコットランドの曲や
     ワールド・ポピュラーメロディーもありました。
     最後のほうに演奏された「アメージング・グレース」重厚な演奏に
     感動しました!! 
     ご自分で録音されたCDに現在の演奏を重ねられたものでした。
     
     後で知ったのですが、ロイヤル・スコッ・ドラグンガールズに所属して
     リリースされた アメージング・グレースは世界的なミリオンセラーに
     なっていたのです。

生粋のエジンバラ生まれのミューヘッド氏は世界的なバグパイパーで
ロンドンではエリザベス女王、日本では天皇ご一家の御前演奏をされ
去年はNHKの「ワールドミュージックシーン」でバグパイプ演奏と
スコットランドやイギリス文化についての解説もされたそうです。
パークタウンにお住まいで この演奏会が実現したようです。

小学校時代の音楽の教科書には ロンドンデリーの歌などスコットランドの民謡や
曲が多かったのです。 
また個人的には2度スコットランドの旅をしたこともあり、中世の姿を
残したままのエジンバラ城やスコットランドの歴史に興味を持ったことなど
思い出に浸って 素晴らしいバグパイプの演奏を聴いてきました。
[PR]
# by michikobaya | 2011-03-04 11:43 | 音楽
スノードロップ
e0101828_1141919.jpg

               開花したスノードロップ

2月下旬には少し暖かい日もありましたが、今朝はまた雪が降って
季節は行きつ戻りつです。
早春賦の歌が似合うのは こんな季節でしょうか?

e0101828_1182230.jpg

        1月には土から顔お出したばかりでした。





先日、遥かに見える白く輝く蔵王連峰を見ながら歩いていると 
フラミンゴより少し小さな鳥が小川を歩いているのを見かけました。
何という鳥かしら?と見ていましたら小川の曲がりかどでで見失いました。
翌日から2~3日連続で同じ時間に行って見ましたら今度は白ではなく
青黒いのがじーっとしているのです。 エサを狙っている瞬間でした。
魚をくわえてから 間もなく飛び立ってしまいました。
帰ってからネットで調べて 「白鷺、青鷺」とわかりました。
ここに そんな鳥が居ることはしりませんでした。

年々 宅地化が進み彼らの住処がなくなってしまいます。
残念ながらシャッターチャンスが無かったのですが
白鷺、青鷺に出会えて嬉しかったです!!
[PR]
# by michikobaya | 2011-02-28 11:44 | 日々のこと
大寒の日
e0101828_2043420.jpg

              ゲレンデハウスの出入り口

大寒の日、みやぎ蔵王の樹氷原に行ってきました。
みやぎ蔵王は夏の季節にお釜を見に行ったり、紅葉の時期に行ったり、
観光のお客さんを案内したりで何回も行っておりましたが厳寒時に行くのは
初めてでした。
前夜に麓の遠刈田温泉に宿泊し、すみかわスノーパークまでバスで行きます。
そこでワイルドモンスター号という30人乗りの大型雪上車に乗り換えて

e0101828_2103848.jpg

               大型の雪上車

約1600m位の樹氷原にゆきました。
風はあまり無かったのですが細かい雪が舞い 
樹氷がはっきりと見えなかったのです。
気温は多分マイナス15℃位でカメラのシャッターを押す手も
手袋をはずすと即 感覚が無くなってしまうそうでした。
短い時間でしたが 地吹雪の深い雪の中を歩くのは冒険でした。


仙台の街の中へ帰ってきて 都会のアスファルトの冬は大寒と言えども
まるで極楽 極楽  (^^♪
[PR]
# by michikobaya | 2011-01-20 21:20 | 日々のこと
春立ち なばな
e0101828_923520.jpg

                雪の中の菜

寒の入りで厳しい寒さが続いています。

八百屋さんで買ったお野菜のうち、「春立ち なばな」と書かれた菜がありました。
よく見かける束になった食用菜の花よりも少し丈が長くちじれた葉が多くついていました。
この季節に この名前は ほっと温かさを感じます。
植物も寒さに耐えるために葉にもそれなりの栄養を蓄えるとか・・・
だから甘いのよ・・・とお聞きしたことがありました。

道路わきに小さな菜園をつくっていらっしゃる方の南側に面している一角には
もう菜の花が咲いていました。

e0101828_9404459.jpg

            寒さの中に咲く 菜の花

肌を刺すような寒さの中に じっと春を待ちましょう。
[PR]
# by michikobaya | 2011-01-08 09:53 | 日々のこと
カレー作りのお手伝い
e0101828_347546.jpg

            カレー2種、アラ汁作りの開始

何人かの知人が活動しているNPO法人「自然農食みやぎ」があります。
自然農法(農薬、化学肥料を使わない)での市民農園です。
そこで栽培した野菜を使っての食事会が19日(日曜)にありました。
食事会には障害者施設コペルの会の子供達や関係者も招待されていましたので
参加者は55人の予定で お手伝いに参加、猫の手になりました。
沖野市民センターに午前9時前には集合し早速料理つくりがはじまりました。

カレーは普通のカレーと大根ツ葉カレーの2種、それとアラ汁です。
そんな大勢の食事を作った経験のない人達ばかりで材料の量もアバウトです。
大根ツ葉カレーはレシピコンクールで入賞し「試してガッテン」でも紹介された
というカレーレシピで畑から抜いてきたばかりの土つき大根の葉っぱを使いました。
普通と違うのは材料のジャガイモは入れず 人参、玉葱はみじん切りし
ひき肉を入れて煮込んでルーを入れるのですが、お皿にもってから
自分のすきなモノをトッピングする・・・。そのトッピングの種類の一つが
大根ッ葉のみじん切りを炒めたものなのです。
トッピングはその他にもセロリやミニトマト、キウイなどです。

ジャガイモも入った普通のカレーは みんなで帝国ホテルカレーと名づけ
アレルギーの子供用の肉がはいっていないのもつくりました。

e0101828_4235081.jpg

            出来上がった あら汁

みんな おかわりしたり、二種類食べたりでしたから作った量は80食以上
だったでしょう。
野菜をこんなに沢山みじん切りにしたのも初体験で なせば成る でした。
[PR]
# by michikobaya | 2010-12-21 04:49 | 料理
今年もクリスマス
e0101828_202052.jpg

            SENDAI 光のページェントも四世紀半

今年もアッという間に師走。

SENDAI光のページェントはもう四世紀半になるんですねぇ~!!
定禅寺通りの光のページェントの中を今年も歩きました。

e0101828_20344392.jpg

        近くの商業施設 タピオ館内の クリスマス飾り


クリスマスにはアメリカの日系の友人にプレゼントを送っておりますが
今年は11月末に夫が郵便局へ出しにいきましたら、毎年送っているサイズの
小さな小包でしたがそのサイズではダメで それの四分の一ぐらいならOKで、
そのままではアメリカには発送できないと断られました。
次にヤマトの国際宅急便に申し込みましたら、向こうで受け取る人の
個人保障番号が必要とのことでメールで本人に聞き一旦発送したのですが
2日後に理由はハッキリしなくて「6月オバマさんが来てからからアメリカ行きは
難しくなった」と返されてしまったのです。
困った末、もう一度郵便局の窓口に制限サイスをもう一度確かめるために
行ったのが12月2日でした。  
そ・し・た・ら ナント?? アメリカ行きの小包は昨日から解禁になったとのこと。
最初に窓口に行ったのは確か11月26日だったのです。
ならば、「12月からは解禁です」と利用者に説明されなかったのが残念でした。
窓口の係りの方も解禁になることは当日まで知らされていなかったとのこと。

国際関係の緊張のせいでしょうか? 
今、思うと 北朝鮮からの延坪島への突然の攻撃や米韓の合同演習があったりした
時期でした。

そんな訳で右往左往した今年の小包でした。
[PR]
# by michikobaya | 2010-12-09 21:07 | 日々のこと
オータム コンサート
e0101828_20373094.jpg

         Autumn Concert

11月20日(土曜日)14:00~15:00
泉区松稜市民センター 多目的ホールで トゥインクルハーモニーの
Autumn Concert がありました。

プログラムは
 1 「ムーア人の復讐」より     ヘンリー・パーセル作曲
 2、 見上げてごらん夜の星を     中村八大 作曲
 3、 翼をください          村井邦彦 作曲
 4、 ヴァイオリン ソロ
     ・魅惑のワルツ   ・愛の賛歌
 5、 ヴァイオリンとチェロのデュエット
     ・ブラームスの子守唄  ・ 浜辺の歌
 6、 会場の皆さんと合唱
     ・赤とんぼ     ・夕焼け小焼け
 7、 主よ人の望みの喜びを       JS、バッハ
 8、 クリスマス協奏曲から「パストラール」  コレルリ作曲

                           以上でした。

松稜市民センターでは なごみコンサート’10   を企画しておられ
11月のコンサートとして 私達のトゥインクルハーモニーを呼んでくださいました。

聴きに来てくださったのは熟年~高齢者層の方達で こじんまりと
和やかな ひとときを過ごしていただけたようでした。
[PR]
# by michikobaya | 2010-11-21 21:03 | ヴァイオリン
餅つき会
e0101828_911021.jpg

               電器餅つき機が勢ぞろい

軒先に吊るし柿が見られ里の秋になりました。
新米も出回り、お餅が美味しく感じられる季節になったので
お仲間で餅つき会をすることになりました。
家にある電器餅つき器を持ち寄ると4台でした。
それぞれの家ではついているのでたのですが、人それぞれのアイデアがありました。
餅つき器がまだ回っている間に手を冷やし素早く取り上げると
「ハネ」と呼んでいる中心部に 出来上がった餅が引っ付くことなく
後始末が非常に楽であることがわかりました。
又搗いたお餅を炊飯ジャーに少しの水を入れて保温状態にしておくと
長時間搗きたての状態が保てることわかりました。
主婦歴ン十年でも我流が多いことに皆が気づきました。

e0101828_9284066.jpg


みんなの その日の夕食は、ひと足早いお雑煮と大福でした。
[PR]
# by michikobaya | 2010-11-15 09:31 | 日々のこと
紅葉狩り
e0101828_424403.jpg

                 関山峠の大滝

e0101828_4263533.jpg

                作並温泉 一の坊より
e0101828_42878.jpg

               パークタウンの紫山公園

日一日 秋が深まって紅葉が美しい季節になりました。
紅葉狩りに国道48号線を山形方面へ車を走らせ作並あたりから
関山峠までは朝日に映えた山々の赤、黄、緑は素晴らしい景色でした。
道路工事で片側通行の区間は少し渋滞もしましたが停車の間は
ゆっくりと山々を眺めるのにも ちょうどよく渋滞は気になりませんでした。

朝のウオーキングコースもイチョウや楓の並木が一日毎に色濃くなって
綺麗な落ち葉を拾ってきて リビングのテーブルの上をディスプレイしています。

行く秋を惜しみながら今年のカレンダーを眺め、一年の経つ速さを感じます。
[PR]
# by michikobaya | 2010-11-07 04:46 | 日々のこと
ハロゥインかぼちゃ
e0101828_20201368.jpg

           灯りを入れたハロゥインのホンモノかぼちゃ

ハロゥインかぼちゃを出窓に飾ってある家がこの季節にはよく見かけるようになりました。
外国人園長さん経営の幼稚園がこの住宅地にあるからです。

友人宅は毎年ホンモノのかぼちゃを切り抜いて作られています。
鬼の顔を描いた紙を貼り付けて目や口の周りは細い竹串で線の上を細かく穴を開けて
行き切り抜くのだそうです。
かぼちゃは生ものですから内部を抜かれてしまうと徐々に口の周りなど変形するようで
もつのは一週間くらい あんまり早くつくりすぎてもダメなようです。 
日中、通過するときに毎日拝見していましたが夜にロウソクを灯した写真や
出来上がまでの行程を写した写真をいただきました。
怖い鬼の顔も幻想的で素敵です!!
灯りをつけて楽しむ行事は大好きです!!

平成13年に米のデラウエア州に4日間滞在したのは9月末でしたが
その時、畑から収穫した馬鹿デカイ沢山のかぼちゃを見たのです。
でも それまでの日本ではハロウインはまだそれほど一般的ではなかったので
それがハロゥインの為のかぼちゃだったことを後日になってからわかりました。
今日は久しぶりにその時の旅のアルバムを開いて
もう一度かぼちゃの写真をよ~くみました。
最近日本でもハロウインランタンつくりを楽しむ方達が増えてきたようです。
[PR]
# by michikobaya | 2010-10-30 21:17 | 日々のこと