旅行の写真やスケッチを掲載します。
by Michiko
カテゴリ
日々のこと
スケッチ

料理
ヴァイオリン
音楽
 絵と詩
思い出
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


エンゼル・トランペットの花
e0101828_20285437.jpg

             エンゼル・トランペットの花

「今年も咲いたのよ~!!見においで!!」

植物好きの友人のお庭は所狭しと いろいろな種類のお花や植物が植えてあり
時々見せていただくのが楽しみです。

エンゼル・トランペットは楽器のトランペットのラッパの先のような形で
下向きに咲く直径15~20センチ位の大きな花です。

夜間には芳香を漂わせるそうですが、その香りを実際には体験していません。
毒があり、かの有名な華岡青州が麻酔薬として使用したとか。

別名「朝鮮朝顔」というのですが南アジア原産で外来種という意味で
朝鮮の名がついたようです。

寒さには弱く、枝を切り落として根を土つきで掘り起こし包んで家の中で
越冬させて春にはまたお庭に戻すなど手数がかかり 沢山の花が咲いた
喜びはひとしおでしょう!!


我が家の玄関先は彼女の庭からお嫁入りした種類が季節の花を咲かせています。
[PR]
# by michikobaya | 2010-10-21 20:59 | 日々のこと
秋の 菖蒲田浜
e0101828_411187.jpg

                  秋の 菖蒲田浜にて



              秋の海
   

        秋の海は
        夏のつぶやき 

   
        子供達の喚声が 波間に漂う
        キャンプファイヤーの火に照らされ赤い顔
        駆けてゆく黒い後姿


        寄せては去り行く波のように
        夏の日は短い


        訪れた秋の日に
        海辺をひとりで歩いてゆこう
        あの夏の日のざわめきと
        熱い言葉を想いながら。
[PR]
# by michikobaya | 2010-10-11 05:18 |  絵と詩
二つの水彩展
e0101828_17272845.jpg

          淡彩スケッチ画 三人展  
          センケンギャラリーにて

場所は南町通りの仙建ビル1階のギャラリーです。
スケッチ教室でご一緒だった方達3人で開催されました。
9月29日(水)~10月3日(日)までです。

仙台近郊や東北近県のポイント、海外でのスケッチなど素人離れした
素敵な淡彩画です!!
以前の教室でご一緒だった方達やスケッチ愛好家の方達で賑わっていました。


もう一つは
e0101828_17443542.jpg

           古山 拓  水彩紀行
           スコットランドの旅 {H0ME}
場所は藤崎デパート6F美術工芸サロン 10月1日(金)~7日(木)
古山拓先生はケルト民族の地をテーマとして毎年旅をされています。
今年はスコットランドのスカイ島まで行かれたのでした。

お馴染みのアナウンサーとの旅と絵のギャラリートークも聴き
多くの素敵な絵を拝見してきました。


いい絵は 観る人の心が膨らみ癒され感動で満たします。

芸術の秋、ギャラリーめぐりは いかがでしょうか・・・。
[PR]
# by michikobaya | 2010-10-02 18:26 | スケッチ
吹奏楽の甲子園へ
e0101828_471518.jpg

              宮城県吹奏楽トップコンサート

昨日、仙台市泉文化創造センター(イズミティ21)大ホールで
吹奏楽コンクール全国大会に出場する宮城県の団体の壮行会的なコンサートがありました。
宮城県の吹奏楽レベルは相当高いようです。

第一部   ● 仙台市立向陽台小学校
        ● 仙台市立上杉山中学校
           この2団体は10月に東京都府中市で行われる
           東日本大会に進出します。

第二部     ● 仙台市立八軒中学校
         ● 仙台市向陽台中学校
           この2団体は10月30日 東京都杉並区の普門館ホールでの
           全国大会に進出します。



孫の美咲希は向陽台中学校3年生で楽器はトランペットです。
地区大会、県大会、東北大会(青森で)と勝ち進みました。
全国大会の行われる「普門館ホール」は普段あまり聴き慣れないホールですが
立正佼成会のホールで5000人収容の立派な大ホールのようです。
全国大会が済んだ後はディズニーランドでの演奏など10月末2泊3日の演奏旅行です。

思えば小学校3年生の12月から入団し、コルネットをはじめました。
指導の先生は転勤などで変わりましたが、朝練習で登校する生徒達の為に
先生は冬の寒い日は暗いうちから出勤しストーブに火を入れて待っていて
下さったと・・・熱意のある指導でした。
そんな小学校時代に吹奏楽の基礎をしっかり身につけた子供達は
中学生になっても成長を続けました。
出演した学校が 向陽台小学校があり、向陽台中学校もあったことでした。
印象的だったのは指揮された大内 泉先生が
「基礎をシッカリ学べば 子供達は自然に成長する」の言葉でした。

向陽台中学校が演奏したのは3曲で  
S、プロコフィエフ作曲組曲「ロメオとジュリエット」より
モンタギュー家とキャプレット家、ティボルトの死   は 難曲ですが、
最後の演奏曲として感動的な素晴らしい演奏でした!!

ガンバレ~!!全国大会~!!
[PR]
# by michikobaya | 2010-09-27 05:30 | 音楽
秋がきました。
e0101828_6391766.jpg

                 大きな栗の実

暑かった今年の夏・・・。漸く暑さも鎮まり ほっとするこの頃です。
朝の散歩道に栗の木が4~5本あり、今年も実がついています。
枝についた栗のイガは それだけでも素敵なインテリアになりそうです。

いつの日でったかしら・・・・?
病床に臥す都会暮らしの方に拾ってきた栗のイガ、どんぐりの実など
箱に詰めて秋の自然をおくりました。

この栗の木は パークタウン西端の谷間公園にあり、道路からは見下ろせますが
傾斜地に生えているので栗の実採りの方は長い竹ざおで下から揺すっているようです。
e0101828_6561787.jpg



果物屋さんの店頭にも、散歩道のコスモスにも秋を感じる頃になりました。
[PR]
# by michikobaya | 2010-09-22 06:57 | 日々のこと
路上パフォーマンス
e0101828_5565576.jpg

              銀座二丁目の路上


ここは銀座二丁目の人通りの行き交う土曜の昼下りの歩道。

じっと静止し 黒鞄、黒スーツの男は 大股に前足を出し
3~4歩先の自分の黒い帽子を見つめて 微動だにしません。
髪は今流行の少しボサボサ、ネクタイは風も無いのに斜め上に舞いあがり
スーツの片側は風を切って半開きになびいています。
不思議に思って暫く眺めて見ると顔の肌は生きた人間そのもの・・・。

パフォーマンス!
と気がつき又観察しました。
不思議なのは洋服が風も無いのに たなびいて ネクタイは空に向かって
曲がっているのです。一瞬の姿を持続し続けているのです!

e0101828_6182537.jpg


道行く人は時々立ち止まって携帯カメラで映したり、人の輪が出来始めました。


銀座の画廊へ友人の絵の作品展を観に行った日のことでした。
[PR]
# by michikobaya | 2010-09-12 06:28 | 日々のこと
夏の夕べのコンサート
e0101828_214746100.jpg

        夏の夕べのコンサート プログラム

8月29日(日)18:00~ 寺岡市民センターホールで地域のみなさんが
夕涼み方々気軽に来て頂けるコンサートがありました。
出演団体は● 仙台白百合学園中・高等学校音楽部ハンドベルレンガーズ
     ● トゥインクル・ハーモニー(弦楽合奏)
     ● ザ・ウインド・オーケストラ(吹奏楽)

私達の トゥインクル・ハーモニーの演奏曲は
      ● 井上陽水の   少年時代
      ● バッハの管弦楽組曲から ロンド
                   ポロネーズ
                   メヌエット
      ● 見上げてごらん夜の星を
      ● 翼をください           でした。

e0101828_2231466.jpg


暑い日が続いた今年の夏も もう終わり近くなりました。
日中の残暑はまだまだ厳しいのですが、夜は虫の音が聞こえるようになり
秋の気配が近づいています。


 
[PR]
# by michikobaya | 2010-08-29 22:09 | ヴァイオリン
 第46回 宮城水彩展
e0101828_11393931.jpg

             2010’第46回宮城水彩展

8月20日~25日まで せんだいメディアテーク5階ギャラリーで第46回
宮城水彩展が始まりました。


水彩と云えば伝統的な透明水彩絵の具を思い浮かべる方が多いのですが
水溶性の絵の具ということで、現代は透明、不透明、アクリル、オイルパステル
混合技法とミクストメディアの時代になっています。

今年は2回目の参加ですが60号で「輪の幻影ー絆と浮遊」を
出品させていただいております。

メディアテーク近くにお出かけの折に お時間がございましたら
覗いて見てくださいませ。
[PR]
# by michikobaya | 2010-08-20 11:56 | スケッチ
佐渡の宿根木
e0101828_14145618.jpg

              宿根木の細い道路

佐渡島に観光を兼ねた2泊3日のケッチ旅行にいってきました。
新潟から佐渡汽船のカーフェリーで両津港に着き、翌日、江戸時代をを再現した
佐渡金山の鉱脈を見ました。
流人の鉱夫たちの人形が自動的に動き
「早くしゃばに出たい」「酒を飲みたい」「馴染みの女に会いたい」
と言いなが暗い坑道で鉱石を掘っているのです。


小木港近くに宿根木という重要伝統的建造物保存地区があります。
中世の頃より廻船業を営む人達が居住し、宿根木浦は佐渡の富の三分の一を
集めたと言われるほど栄えましたが、幕府の小木港整備で商業の中心が
小木港に移行すると村には船大工や造船技術者が居住し千石船産業の基地として
栄えました。
その集落形態が約1ヘクタールの土地に110棟の家屋が密集し、軒と軒が
接触するほどで通路は人はすれ違うことが出来ても自転車は無理という狭さです。
現在でも人が住んでいる家があり、話し声やテレビの音が観光で通過するものにも
聞こえてきます。
細い路地を左右の家々を見て歩くと軒下に扇形の飾りがしてある家がありました。
e0101828_1447684.jpg

      飾りを施した建物を楽しむ船大工ならではの光景です。



宿根木の村を暫く歩くと・・・・
昔の集落の機能や人々の助け合いながらの暮らしや、捨てようとしても捨てきれない
文化の重み、いつまでも持ち続けたい家と家族の絆・・・・
そんなことが ゆっくりと語りかけてくるようでした。
[PR]
# by michikobaya | 2010-08-09 15:12 |
句集「ポピーぽんと咲き」
e0101828_16534781.jpg

             友人の句集「ポピーぽんと咲き」

若い頃からの長~いおつきあいの親友が句集をつくり、送られてきました。
彼女とは社宅で生活していた頃に知り合い、子供連れで遊び、
手のかかる幼児期の悩み事を相談したり同じ趣味の習い事をしたりしました。
夫の転勤などでお互いが遠くに離れましたが時々は会って近況を話し合いました。
10年位前に椎間板ヘルニアの手術の後遺症で歩行が困難な時期もありましたが
リハビリで回復し、熟年になったからから俳句を習い始めました。
師匠さんの急逝で他の句会に入るなどその時々の変遷はありましたが、
現在は現代俳句協会会員です。

5~6年前だったでしょうか? 
ある日、宅急便配達を装った居直り強盗という大きな事件に遭遇し、
命の危機に気丈に立ち向かいました。
精神的な後遺症で苦しみ、長く辛い時期を乗り越えました。
句集にも「銃口の的は わたくし椿の実」というのを読んでいます。
2年前に再手術をしてからは気持ちが落ち込んだりしたこともあったようでしたが
あとがき に
「私が感じたことは自分が人生の最終章に入っているということだ。
それは明日か、一年後か、十年後かはわからない。しかしその日は
確実にやってくる。」 と記しています。 
「前向きに」との励ましで去年から今までの自作の句を整理しはじめ、
彼女の句集が完成したのです。

電話で長話をし、悩みを話し合い、励ましあった彼女の句集の完成は
私はとっても嬉しいのです!!
[PR]
# by michikobaya | 2010-07-30 18:18 | 日々のこと